レズバトルは言葉がない感じでもエッチだと思う

そう思っていた時期は今でもありますし、なんなら今でもそう思っています。

なので、それを文章にしたためたのがコチラです。
あと、今月は筋肉爆裂破を流行らせいたと思っています。

[R-18] #レズバトル #キス 台詞の無いレズバトル - karimiの小説 - pixiv
お久しぶりのkarimiです。 今回はね、台詞を書かないって言うのをテーマにしたのね。 何故かって? それはね、これを書いた時に思ったんだ。 その時に、台詞無しでレズバトルを書くのもやぶさかではないってね。 クールな女って喋らないだろ。 だったら、レズバトル中も喋らないんじゃないかって。 あとは、アレだね。 筋...

言葉を出さないって言うのはつまりは堪えるっていう事ですよね。
我慢するというは一見レズバトルにおいて邪道のように感じますが、感じているのだけれどそれをさらけ出さないというのが興奮するのです。

伝わりますかね?
そんなアナタにはコチラの作品を勧めたい。

何が良いって、相手にね感じている所を見せないようにしながらも感じてしまうというのがイイネ。このような設定のレズバトル作品が生まれるとは……。

まだまだ奥が深いですね。

そして、音声作品ってどうやったら作れるんだろうって調べていたらこのような結論に達しました。

ASMRじゃないけれどね、台詞じゃなくてト書きを読むという猥談的な音声作品もありなんじゃないかなって思いました。むしろね、台詞無しでも良いんじゃないかと、妄想が広がるのかもしれないが、直感的に分かりやすいのはセリフだよね。

難しい……。

今日はそんな事を考えながら生きていませんでした。

それでは、またお会いしましょう。

コメント